【研修医必見】教科書と実臨床のギャップを埋める「症候学」

受講料5,500(税込)

初期研修医の先生方が特に悩みやすい症候「めまい」「失神」「意識障害」「腹痛」4大テーマを救急総合診療医のDr.長野がレクチャー!

講師

講義時間

合計:4コマ

(1コマ約0分)

視聴期限

購入後 90 日

テキスト

PDFテキスト ※ログイン後、視聴画面からダウンロード

対象

研修医教育

コースの詳細

《各テーマでのレクチャーポイント》

▼めまい

・鑑別は3つに分けて考えると良い

・病歴聴衆において、めまいの性状は当てにならない

ERで必ず確認することは?

MRIでは帰宅可能な免罪符にはならない

 

▼失神

・まずは失神の定義を理解する

・鑑別には病歴が最重要だが、特に最優先する病歴聴衆とは?

・特に心原性失神の除外が必須であり、“心原性失神を疑う病歴”を覚えておく

・心原性失神を疑う/除外する有用なスコアリング

・心原性失神においてECGは必須だが、初診時で見つかるのは約5%

・大動脈隔離とPEにおける“D-dimierの使い方”を間違えないように

 

▼意識障害

・初期評価をおろそかにして頭部CTへ直行しないこと

・意識障害は3ステップでアプローチするのが簡便で良い

・収縮期血圧>160mmhg、瞳孔不同で疑うことは?

・意識障害での診察のポイント

・鑑別でAIUEOTIPSもよいが、診察順番に応じた「3×5」方式も有用

・高齢者の急性発症意識障害では頻度的にもまず感染症(敗血症)を考えるとよい

 

▼腹痛

・問診において部位も重要だが持続痛or間欠痛、突然発症かが特に重要

・持続痛の場合で見逃してはいけない致死的なことは?

・「突然発症」の病歴聴衆のテクニックを知っておく

・腹膜刺激徴候の診察では様々な手法を駆使して行うと良い

・突然発症の激痛で腹部所見が乏しい場合に疑うことは?

・胃腸炎と誤診しやすい虫垂炎に要注意

 

教科書で勉強した内容と臨床で必要な知識に乖離がある、または上手く適応できないといったギャップも解消していきます。
・おススメ再生速度:1.52.0見やすく、聴きやすく、サクッと学べます!

 

「教科書と実臨床のギャップを埋める」シリーズ一覧

コースに含まれる動画

目が回らない めまい診療

失神の定義と心原性失神

意識障害のアプローチと鑑別 ‐基礎編‐

腹痛の診方 ‐基礎編‐

受講者の声

この動画の総合評価:

4.0

No IMAGE No IMAGE

28歳

男性

S.Tさん

4.0

23日前

【医師1年目】

【医師1年目】

関連おすすめ商品

【研修医必見】教科書と実臨床のギャップを埋める「症候学」

受講料5,500(税込)

講師

講義時間

合計:4コマ

(1コマ約0分)

視聴期限

購入後 90 日

テキスト

PDFテキスト ※ログイン後、視聴画面からダウンロード

対象

研修医教育